コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前山清一郎 まえやま せいいちろう

1件 の用語解説(前山清一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前山清一郎 まえやま-せいいちろう

1823-1896 幕末-明治時代の武士,開拓者。
文政6年2月生まれ。肥前佐賀藩士。戊辰(ぼしん)戦争に大総督府参謀としてくわわり,奥羽鎮撫(ちんぶ)総督九条道孝(みちたか)らを仙台藩から救出。明治7年佐賀の乱では中立党を結成して平定につとめた。のち千葉県印旛(いんば)郡で開拓に従事。明治29年3月27日死去。74歳。名は長定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

前山清一郎の関連キーワード赤石行三犬塚盛巍麻見義修沢田直温沢田頼徳白取数馬白木為直鈴木大正木退蔵若井成章

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone