コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前方後円墳型積石塚(つみいしづか)(北朝鮮の) ぜんぽうこうえんふんがたつみいしづか/きたちょうせんのぜんぽうこうえんふんがたつみいしづか

1件 の用語解説(前方後円墳型積石塚(つみいしづか)(北朝鮮の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

前方後円墳型積石塚(つみいしづか)(北朝鮮の)

中国との国境に近い北朝鮮の鴨緑江中流沿岸の松岩里(ソンアムリ)、雲坪里(ウンピヨンリ)で発見されたとの報告が1990年にあった、石積みの前方後円形の遺構。いずれも長さ20〜30mで計10基あり、出土した鉄器や馬具などから、紀元前2世紀から紀元前後のものという。高句麗独自の積石塚の一種だが、日本列島前方後円墳の源流かも、と注目されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前方後円墳型積石塚(つみいしづか)(北朝鮮の)の関連キーワード鴨緑江間島白頭山鴨緑江節新義州長白山中江雲峰白頭山(長白山)北朝鮮の過去の開放政策

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone