コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前朝 ゼンチョウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ちょう〔‐テウ〕【前朝】

前代の朝廷王朝。先朝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんちょう【前朝】

前の朝廷。先朝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前朝の言及

【長安】より

…ただ高宗のときから皇帝は城の北東の大明宮に居住するようになったため,太極宮は西内,大明宮は東内と呼ばれ,玄宗のときに興慶坊につくられた興慶宮の南内とあわせて三大内と呼ばれた。太極宮は南面中央に承天門があり,この門で詔令を発布したり赦宥(しやゆう)を行ったりするので前朝と称されたが,この門の次に嘉徳門があり,つづいて太極殿に達する。ここは皇帝が政治をみるところである。…

※「前朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前朝の関連キーワード安土桃山時代(年表)一向一揆史(年表)飛鳥時代(年表)林銑十郎内閣洛中洛外図銭屋五兵衛斎藤実内閣姉川の戦い曾我直庵坂井政尚浅井亮政月舟寿桂朝倉教景山内一豊古渓宗陳細川幽斎トンキン一向一揆織豊政権清原宣賢

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前朝の関連情報