コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前木六三郎 まえき ろくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前木六三郎 まえき-ろくさぶろう

1829-1865 幕末の武士。
文政12年生まれ。前木新八郎の弟。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱に際し,松平頼徳(よりのり)にしたがい那珂湊(なかみなと)でたたかう。武田耕雲斎らと京都にむかう途中,加賀金沢藩にくだり,元治2年2月4日処刑された。37歳。名は正明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前木六三郎の関連キーワードユゴーピウス8世武市瑞山ヘリング(Ewald Hering)フォーレアメリカ合衆国史(年表)ギリシャ独立戦争エンデオズーフ土岐貞範

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone