コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前木新八郎 まえき しんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前木新八郎 まえき-しんぱちろう

1824-1861 幕末の武士。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)をとなえ,文久元年有賀半弥らと江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス仮公使館をおそう(東禅寺事件)。常陸那珂(なか)郡に潜伏中,捕吏にかこまれ,同年8月26日自害。38歳。名は正美。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前木新八郎の関連キーワード前木六三郎森半蔵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android