コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前殿 ゼンデン

大辞林 第三版の解説

ぜんでん【前殿】

前の方にある殿舎。
紫宸殿ししんでんのこと。 「天皇皇后並びて-に御す/続紀 延暦七

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前殿の言及

【紫宸殿】より

…〈ししいでん〉とも読む。内裏の南部分にある第1の御殿で,南殿(なでん),南大殿,前殿,正寝,正殿ともいう。はじめは節会,季御読経(きのみどきよう),立后,立太子,天皇元服等の通常の公事が行われたが,大極殿(だいごくでん)の廃亡とともに即位や大嘗会(だいじようえ),朝賀等重要な儀式も行われるようになった。…

※「前殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前殿の関連キーワード打ち掛かる・打ち懸かる・打ち掛る・打ち懸るカンダーリヤ・マハーデーバ寺ワット・マハーダトゥ長者ヶ平官衙遺跡ヒンドゥー教建築ソームナートプルカーンチープラムアーブー[山]国府(令制)エジプト建築肥前国庁跡コナーラク伯耆国衙跡常陸国府跡伊賀国庁跡下野国府跡伯耆国府跡下野国庁跡泉官衙遺跡中国建築

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前殿の関連情報