正殿(読み)せいでん

精選版 日本国語大辞典「正殿」の解説

せい‐でん【正殿】

[1] 〘名〙
宮殿の中心となる表御殿
※猿投本文選正安四年点(1302)一「正殿(せいテン)崔嵬(さいくゎい)とたかくさかしうして層(かさ)ね構へり」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「諸司百官を龍宮城の正殿(セイデン)に集合(つどへ)」 〔史記‐呉王濞伝〕
[2] (平安京大内裏の中心の御殿であるところから) 紫宸殿(ししんでん)異称
※日本紀略‐延暦一六年(797)五月一三日「有雉、集禁中正殿

しょう‐でん シャウ‥【正殿】

〘名〙 神社で主神をまつる本殿。せいでん。伊勢大神宮では御正殿(ごしょうでん)という。
※続日本紀‐大宝二年(702)三月己卯「天皇御新宮正殿斎戒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の正殿の言及

【紫宸殿】より

内裏の正殿。〈ししいでん〉とも読む。…

※「正殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android