コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前波黙軒 まえば もくけん

美術人名辞典の解説

前波黙軒

医師・歌人。通称矩輔、号は蕉雨園。但馬国豊岡生。初め京極侯に仕えるが致仕し、京都に出て医者となる。小沢蘆庵の門で歌道に励み、四天王の一人と称され、また宮家に召されて歌を献上した。家集『蕉雨園集』がある。文政元年(1818)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前波黙軒 まえば-もくけん

1745-1819* 江戸時代中期-後期の歌人。
延享2年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)豊岡藩主京極家につかえ,のち京都で医業をいとなむ。歌を小沢蘆庵(ろあん)にまなび,蘆門四天王のひとりとされた。文政元年12月10日死去。74歳。名は敬儀(よしのり)。字(あざな)は矩輔。別号に蕉雨園(しょううえん)。歌集に「蕉雨園集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前波黙軒の関連キーワード穴沢たみ子海野幸典田山敬儀篠原景雄六帖詠草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android