コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田荻邨 まえだ てきそん

美術人名辞典の解説

前田荻邨

日本画家。兵庫県生。名は八十八。京都絵専卒。西村五雲に師事。山水・花鳥を得意とし、文展・帝展で活躍する。昭和22年(1947)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田荻邨 まえだ-てきそん

1895-1947 大正-昭和時代の日本画家。
明治28年10月生まれ。西村五雲に師事し,晨鳥(しんちょう)社にはいる。大正9年帝展に初入選,昭和6年「潮」が特選。故郷神戸の港などの風景を俯瞰(ふかん)的にえがいた。母校の京都市立美術工芸学校,京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)でおしえた。昭和22年1月19日死去。53歳。本名は八十八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例