コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前脛骨筋 ぜんけいこつきんtibialis anterior

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前脛骨筋
ぜんけいこつきん
tibialis anterior

下腿を構成する脛骨の外側面から起り,その前縁の外側面に沿って下がり,上下の伸筋支帯の下をくぐって足底の内側縁で内側楔状骨と第1中足骨底の足底面につく筋肉をいう。足を背側に曲げ,かつ内反 (足底を内側へ向ける運動) させる働きをする。深腓骨神経に支配される。過度の運動,歩行などによってこの筋肉に浮腫,出血,痛みの生じることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

前脛骨筋の関連キーワード遠位性ミオパチー(末梢性ミオパチー)下腿

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前脛骨筋の関連情報