コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剖判 ほうはん

大辞林 第三版の解説

ほうはん【剖判】

( 名 ) スル
(天地が)二つに分かれること。 「清濁-して最霊権与たり/三教指帰」
はっきりと区別すること。区別がつくこと。 「混沌として黒眼と白眼が-しない位/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

剖判の関連キーワード乏・亡・傍・冒・剖・卯・厖・坊・妄・妨・帽・忘・忙・房・旁・暴・望・某・棒・榜・眸・紡・膨・芒・茅・茫・謀・謗・貌・貿・防吾輩は猫である清濁

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剖判の関連情報