剖判(読み)ほうはん

大辞林 第三版の解説

ほうはん【剖判】

( 名 ) スル
(天地が)二つに分かれること。 「清濁-して最霊権与たり/三教指帰」
はっきりと区別すること。区別がつくこと。 「混沌として黒眼と白眼が-しない位/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐はん【剖判】

〘名〙
① 天地などの分かれ開けること。開闢(かいびゃく)
※三教指帰(797頃)上「竊惟、清濁最霊権輿」
※開化本論(1879)〈吉岡徳明〉下「天神既に天地判の始に生れて、億兆人類の祖たり」 〔韓非子‐解老〕
② はっきりと区別がつくこと。また、はっきりと区別して分けること。
※大学垂加先生講義(1679)「孟子性善を言功と同とあり。利の弁を剖判して論ぜり」 〔左思‐呉都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android