コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣太刀 ツルギタチ

デジタル大辞泉の解説

つるぎ‐たち【剣太刀】

[名]鋭利な刀剣。また、単に刀のこと。つるぎのたち。
「ますらをの心振り起こし―腰に取り佩(は)き」〈・四七八〉
[枕]
を身に添え、また磨(と)ぐところから、「身に添ふ」「磨(と)ぐ」にかかる。また、を神聖視するところから、「斎(いは)ふ」にかかる。
「うち鼻ひ鼻をそひつる―身に添ふ妹(いも)し思ひけらしも」〈・二六三七〉
「―斎ひ祭れる神にしまさば」〈・三二二七〉
剣の刃を「な」というところから「名」「汝(な)」にかかる。
「―名の惜しけくも我はなし君に逢はずて年の経ぬれば」〈・六一六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つるぎたち【剣太刀】

[3] ( 名 )
刀。鋭利な刀剣。つるぎのたち。
( 枕詞 )
刀の刃を「な」といったところから同音の「名」「汝」に、剣を身に近く置くことや磨ぐことから、比喩的に「身に副へ」「磨ぐ」などにかかる。 「 -みに副へ寝ねばぬばたまの/万葉集 194」 「 -名の惜しけくも我はなし/万葉集 616

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

剣太刀の関連キーワード惜しけく手握る万葉集男さび己・汝真鉏

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剣太刀の関連情報