コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副田喜左衛門 そえだ きざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

副田喜左衛門 そえだ-きざえもん

?-1654 江戸時代前期の陶業家。
京都から肥前松浦郡にきて高原五郎七の弟子となり,有田岩谷川内(いわやかわち)で青磁の焼成に成功。佐賀藩主鍋島(なべしま)家にとりたてられ,以後代々藩窯の監督官としてつかえた。承応(じょうおう)3年10月5日死去。号は日清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

副田喜左衛門の関連キーワード後光明天皇後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら後西天皇シラノ・ド・ベルジュラック(Savinien de Cyrano de Bergerac)パスカル(Blaise Pascal)井沢弥惣兵衛黄檗宗

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android