御義口伝(読み)おんぎくでん

世界大百科事典 第2版「御義口伝」の解説

おんぎくでん【御義口伝】

《就注法華経御義口伝》《日興記》とも称す。1571年(元亀2)の写本大石寺要法寺にあり,1654年(承応3),1721年(享保6),1751年(宝暦1)に出版。1278年(弘安1)日蓮の高弟日興が日蓮の法華経の講義録したとあるが,最近では書誌学的・教学的考察から偽撰説が定着しつつある。上巻は同経の題目と序品以降涌出(ゆじゆつ)品まで,下巻は寿量品から末尾までと無量義経,観普賢経および別伝,総計231ヵ条(1654年の版本は229ヵ条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「御義口伝」の解説

おんぎくでん【御義口伝】

日蓮宗の書。二巻。日蓮が身延山で、いわゆる六老僧懇願により建治年中(一二七五‐七八)に口述し、それを日興が筆記したもの。法華経に関する日蓮の解釈を内容とする。就註法華経御義口伝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android