御義口伝(読み)おんぎくでん

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎくでん【御義口伝】

《就注法華経御義口伝》《日興記》とも称す。1571年(元亀2)の写本大石寺要法寺にあり,1654年(承応3),1721年(享保6),1751年(宝暦1)に出版。1278年(弘安1)日蓮の高弟日興が日蓮の法華経の講義を筆録したとあるが,最近では書誌学的・教学的考察から偽撰説が定着しつつある。上巻は同経の題目と序品以降涌出(ゆじゆつ)品まで,下巻は寿量品から末尾までと無量義経,観普賢経および別伝,総計231ヵ条(1654年の版本は229ヵ条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android