コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後光明天皇 ごこうみょうてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後光明天皇
ごこうみょうてんのう

[生]寛永10(1633).3.12. 京都
[没]承応3(1654).9.20. 京都
第 110代の天皇 (在位 1643~54) 。名は紹仁 (つぐひと) ,幼名は素鵞宮 (すがのみや) 。後水尾 (ごみずのお) 天皇の第4皇子。母は壬生院藤原光子。養母は東福門院源和子。寛永 20 (43) 年 11歳で即位。儒学を重んじ,仏教を退けた。漢詩の『鳳啼集』がある。陵墓は京都市東山区今熊野の月輪陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごこうみょう‐てんのう〔ゴクワウミヤウテンワウ〕【後光明天皇】

[1633~1654]第110代天皇。在位1643~1654。後水尾天皇の皇子。名は紹仁(つぐひと)。儒学を好み、典礼格式を重んじた。漢詩集「鳳啼集」がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後光明天皇 ごこうみょうてんのう

1633-1654 江戸時代前期,第110代天皇。在位1643-54。
寛永10年3月12日生まれ。後水尾天皇の第4皇子。母は藤原光子(壬生(みぶ)院)。異母姉明正(めいしょう)天皇の譲位により即位し,父の上皇がひきつづき院政をおこなう。儒学(朱子学)をまなび,藤原惺窩(せいか)に私淑。正保(しょうほ)3年,応仁(おうにん)の乱で中断していた伊勢例幣使を再興した。疱瘡(ほうそう)にかかり,承応(じょうおう)3年9月20日死去。22歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は素鵞(すがの)宮。諱(いみな)は紹仁(つぐひと)。詩歌集に「鳳啼(ほうてい)集」。
【格言など】霜の後の松にもしるしさかゆべき我が国民の千代のためしは(「公宴御会」抜書)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後光明天皇

没年:承応3.9.20(1654.10.30)
生年:寛永10.3.12(1633.4.20)
江戸前期の天皇。寛永20(1643)~承応3(1654)年在位。後水尾天皇の第4皇子,素鵞宮。母は園基任の娘京極局光子(壬生院)。諱は紹仁。寛永19年12月15日親王宣下,20年10月3日践祚,同月21日即位。東福門院が養母となり,形式的には徳川氏は外戚の地位を保った。幼少から聡明,特に和学よりも儒学,詩文を好み,朝山意林庵などの民間の朱子学者を招いて聴講,また藤原惺窩を追慕し文集に序文を与えた。詩作は『鳳啼集』にみられる。一方武芸を学ぶなどいささか激烈な性質,言動があり,将来を期待した後水尾は短慮を慎むこと,仏神を敬い学問に励むこと,幕府に弱みを握られないよう行動を律することなど3回にわたる訓戒書を与えた。しかし在位12年,疱瘡により22歳で没。京都泉涌寺内の 月輪陵 に葬られる。<参考文献>熊倉功夫『後水尾院』(『朝日評伝選』26巻)

(母利美和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごこうみょうてんのう【後光明天皇】

1633‐54(寛永10‐承応3)
第110代に数えられる天皇。在位1643‐54年。後水尾天皇の皇子で名は紹仁。剛毅な性格で学問を好んだ。はじめ和歌には興味を持たなかったが,父天皇にさとされて学ぶようになった。若くして酒を多く飲み,徳大寺公信の諫めに一時は激怒したが,翌日はそれをいれた話が有名。疱瘡にかかり,わずか22歳で没した。陵所は京都市東山区今熊野泉山町にある(月輪陵)。【飯倉 晴武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごこうみょうてんのう【後光明天皇】

1633~1654) 第一一〇代天皇(在位1643~1654)。名は紹仁つぐひと。後水尾天皇の第四皇子。漢詩集「鳳啼ほうてい集」がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後光明天皇
ごこうみょうてんのう
(1633―1654)

第110代天皇(在位1643~54)。名は紹仁(つぐひと)。素鵞宮(すがのみや)と称す。後水尾(ごみずのお)天皇の子。実母は贈左大臣園基任(そのもととう)の女(むすめ)壬生(みぶ)院光子。養母は徳川2代将軍秀忠(ひでただ)の女東福門院和子(かずこ)。先帝たる姉明正(めいしょう)天皇の譲を受けて1643年(寛永20)位につき、承応(じょうおう)3年9月20日崩御。月輪(つきのわ)陵に葬る。その子に孝子内親王(礼成門院)があったが、男子なくて血統は断絶し、皇統は結局この天皇の弟霊元(れいげん)天皇が猶子(ゆうし)として受け継ぎ、その流れがのちに存続することになった。『鳳啼(ほうてい)集』と称する著作があり、それには詩92首、歌5首が収められている。[村田正志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

後光明天皇の関連キーワード梅津政景ケアリー地方直し俳句(文学)中浦ジュリアン有期雇用者伊藤信徳宇都宮遯庵梅津政景日記惲寿平

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後光明天皇の関連情報