コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副腎皮質ホルモン療法 ふくじんひしつホルモンりょうほうsteroids therapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副腎皮質ホルモン療法
ふくじんひしつホルモンりょうほう
steroids therapy

脳外科領域で,脳浮腫による頭蓋内圧亢進の予防および治療を目的として行われる。できるだけ早期に大量投与するのが原則であり,効果をみながら漸減し,維持する。副作用としては,消化管出血,感染に対する抵抗力低下などがあげられる。このほか,広範囲にわたる疾患の治療に副腎皮質ホルモンが用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android