コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭蓋内圧亢進 とうがいないあつこうしんincreased intracranial pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋内圧亢進
とうがいないあつこうしん
increased intracranial pressure

脳圧亢進とか髄液圧亢進ともいう。病巣 (腫瘍,血腫など) の発生,拡大,頭蓋内血液量の増加,脳脊髄液交通遮断,脳浮腫などで頭蓋の内容が増大するために起る現象。放置すれば,脳が圧迫されて小脳テント切痕ヘルニア大後頭孔ヘルニアといったかんとん (嵌頓) を起し,脳幹障害が現れる。慢性の場合は頭痛,嘔吐,眼底のうっ血乳頭という3主徴がみられ,急性の場合は意識障害が急速に進行し,昏睡に陥って死亡する。そのため,内科的あるいは外科的な減圧治療 (→減圧術 ) を行なって,脳のかんとんを防がなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone