コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉宝楠 りゅうほうなんLiu Bao-nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉宝楠
りゅうほうなん
Liu Bao-nan

[生]乾隆56(1791)
[没]咸豊5(1855)
中国,清の考証学者。宝応 (江蘇省) の人。字は楚 楨。号は念楼。道光 20 (1840) 年の進士。経学に通じ,清朝考証学の代表的名著の一つとされる『論語正義』 (24巻,子の劉恭冕輔成) などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

劉宝楠の関連キーワード総合年表(アメリカ)フイヤン派立法議会真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行コウォンタイシャン=ド=マルス事件新聞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android