コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経学 けいがく Jing-xue

6件 の用語解説(経学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経学
けいがく
Jing-xue

中国,経書の解釈学をいう。戦国時代末期 (前3世紀) ,儒家の間には,中国古代文化の伝承,儒家説の綱領などを中心とする経書が成立しつつあったが,漢帝国の文運が復興すると,これらの経書を整備し,儒教を国教とし,ことに経書の教養を官吏の必修の資格としたので,経学は中国の歴代の正統的学問となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けい‐がく【経学】

儒家の作った経典(経書)を研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

経学【けいがく】

中国の儒教の〈経書〉についての学問で,儒学の最基本部分をなす。経書の文献学的・考証的研究を行うが,漢〜唐に古代の伝承を中心に字句の解釈を考える章句訓詁(くんこ)が行われ,清代には,文字の原義を明らかにして経典を正確に理解しようとする訓詁学や考証学が盛んになった。
→関連項目中井履軒中林竹洞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいがく【経学 Jīng xué】

中国古典の〈経書(けいしよ)〉〈四書五経(ししよごきよう)〉など,の解釈をめぐる学術。〈経書〉は,儒家の奉持した基本文献のことで,単に〈経(けい)〉ともいう。戦国末・秦・漢期の諸子百家のあいだで,儒家をも含めて自家の特定する文献を〈経〉(《墨子》墨弁,《韓非子》内外儲説)・〈経言〉(《管子》前九篇)とよび,その解説部分を〈説〉(《墨子》《韓非子》など),〈解〉(《管子》など),〈伝〉(《春秋伝》《詩故訓伝》《易伝》など),〈記〉(《儀礼(ぎらい)》《礼記(らいき)》)などと称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいがく【経学】

四書・五経など経書を研究する学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経学
けいがく

中国古典学。中国における経書(けいしょ)すなわち儒家古典の解釈学。経書には古代の聖人・賢人の心が込められていると信じ、それをとらえることを終局の目標とするのが経学であって、中国哲学・中国文学の根底をなす。小学とよばれる古代言語研究、広くいえば中国語学が、経学研究に必須(ひっす)の学としてある。古聖賢の心に迫るにしても、その方法ないし態度には歴代変遷の跡がみられ、普通に(1)漢唐訓詁(かんとうくんこ)の学(漢学)、(2)宋明(そうみん)性理の学(宋学)、(3)清朝(しんちょう)考証の学(考証学)などとよばれる。思弁的・演繹(えんえき)的である宋明の学は、経(けい)を読み経のなかに古聖賢の心を探ろうとするよりも、己が心に古聖賢の心をみいだそうとさえする傾向があるところから、経学といえば、とかく(1)の漢学と(3)の考証学とが想起されがちである。なお「経学」の語は、『漢書(かんじょ)』儒林(じゅりん)伝に、漢の世になって「諸儒始めて其(そ)の経学を修むることを得、云云」というなど、すでに前漢にみえる。[近藤光男]

今文学と古文学――漢

(しん)の焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)のあと漢の天下が安定すると、伏生(ふくせい)が壁に塗り込めて隠した『尚書(しょうしょ)』の竹簡(ちくかん)が取り出され、今文(きんぶん)すなわち当時通用の文字であった隷書(れいしょ)で書き写されたというように、経書がしだいに今文に写定され、武帝は儒学を国学と定め、五経(ごきょう)博士をたてた。一経を専門として訓詁(くんこ)が口授(くじゅ)され、師法・家法といって師説の改易は許されず、学問の師承(だれから学を受けたか)が重んぜられた。かくて前漢の学は今文学で官学であり、天人相関や陰陽災異の思想を含み、政治性が強かった。武帝の召しに赴く公孫弘(こうそんこう)は、「学を曲げて以(もっ)て世に阿(おもね)ることなかれ」と『詩』の老学者轅固(えんこ)に戒められている。前漢末、紀元元年に近いころ、中国最初の書目解題「叙録」や図書分類「七略」をつくった劉向(りゅうきょう)・劉(りゅうきん)父子の、劉は古文学を提唱した。古文(こぶん)とは、先に武帝のとき魯(ろ)の恭(きょう)王が孔子(孔丘(こうきゅう))の旧宅を壊すと、壁中から『尚書』や『論語』などが出て、みな古文であったというように、漢以前の文字である籀文(ちゅうぶん)や大篆(だいてん)などのことで、古文とよばれる文字で書かれた経書が、民間に伝承されていた。今文の経書と比べると字句に異同があるのはもとより、解釈上の相違もあって、今古文学の論争が激しかった。紀元100年に完成した許慎(きょしん)の『説文(せつもん)解字』は、訓詁学の成果の結集であり、後漢(ごかん)の巨匠鄭玄(じょうげん)が、今日も存する『詩』の箋(せん)や三礼の注をはじめ五経・『論語』にあまねく注し、今古文学を折衷した。[近藤光男]

老荘思想の混入――魏晋南北朝

(ぎ)の学者で『孔子家語(けご)』を偽作したといわれる王粛(おうしゅく)は、事ごとに鄭玄に対して異説をたてた。たとえば、3年の喪の期間は、『儀礼(ぎらい)』士虞礼(しぐれい)の「中月にして(たん)(除服の祀(まつ)り)す」の中月をひと月置いてと読む鄭玄が27か月とするのに対して、その月のうちにと読んで25か月とするなど。今日『論語』の古注といえば魏の何晏(かあん)の『論語集解(しっかい)』であり、「集解」すなわち当時の人々の注を集めたものというが、往々にして老荘思想をもって注し、孔子の真意とはほど遠い解を含む。『老子』に注した王弼(おうひつ)の『易』注も老荘思想に基づく。晋(しん)の南渡ののち、魏の経学は南朝に受け継がれ、北朝に後漢の古文学が残った。『北史』儒林伝に「南人(なんじん)は約簡(やくかん)にして其(そ)の英華(えいか)を得、北学(ほくがく)は深蕪(しんぶ)にして其の枝葉を窮(きわ)む」(南人の学は大要をつかむのがうまい。北学は末端まで窮め尽くさねばやまぬ)というのは、南朝の立場からの評である。[近藤光男]

六朝の義疏と唐の正義

六朝(りくちょう)で仏経(ぶっきょう)研究の論議の方法が経書(けいしょ)に用いられ、「経」「注」を分析し疏通(そつう)しての討論の結果できた精細な解釈である義疏(ぎそ)が多く生まれた。わが国足利(あしかが)学校に存する梁(りょう)の皇侃(おうがん)の『論語義疏』などその一つである。唐の太宗(たいそう)は顔師古(がんしこ)に命じて五経(ごきょう)の定本をつくらせ、孔穎達(くようだつ)らは義疏を整理して『五経正義』をまとめ、653年(高宗の永徽4)長孫無忌(ちょうそんむき)の上表で奉っている。宋にかけて完結する『十三経注疏』の核心をなし、初唐に陸徳明の『経典釈文(けいてんしゃくもん)』ができている。[近藤光男]

宋の新注

北宋(ほくそう)の程(ていこう)・程頤(ていい)、二程子の道学を受け、南宋に朱熹(しゅき)(朱子)が「大学」「中庸(ちゅうよう)」に章句を、『論語』『孟子(もうし)』に集注を、いわゆる『四書集注』をつくる。『論語集注』で「川上の嘆」を孔子が道体の理を悟ったものと解くなど、道学の面目である。これが新注で、宋明の学は五経よりも四書の学となり、明の『五経大全』『四書大全』は科挙(かきょ)受験の便益であった。しかし朱熹の経学そのものはもとより、宋末の王応麟(おうおうりん)の『困学紀聞(こんがくきぶん)』など、後の清朝の学者たちからも敬意を集める。[近藤光男]

清朝経学

清朝経学が漢学を標榜(ひょうぼう)するのは、漢代の学は聖人の世に近く、仏老思想の混入もなく純であると考えてであって、陽明学の末流の無学で空論にふける傾向を排し、広範な読書による博学のゆえにこそ深淵(しんえん)である学力に、科学の実証精神をあわせて培われた高い見識をもって、漢学を超えた経学として、乾嘉(けんか)の学が結実した。いわゆる清朝考証学である。『欽定四庫(きんていしこ)全書総目』および『皇清経解(こうせいけいかい)』について、その核心をうかがうことができる。[近藤光男]
『皮錫瑞著、周予同注『経学歴史』(1928・商務印書館) ▽本田成之著『支那経学史論』(1927・弘文堂) ▽滝熊之助著『支那経学史概説』(1934・大明堂書店) ▽「経学研究序説」(『諸橋轍次著作集2』所収・1976・大修館書店) ▽「中国思想史」(『武内義雄全集8』所収・1978・角川書店) ▽「支那人の古典とその生活」(『吉川幸次郎全集2』所収・1968・筑摩書房) ▽狩野直喜著『中国哲学史』(1953・岩波書店) ▽加賀栄治著『中国古典解釈史』(1964・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経学の関連キーワード七経十三経注疏レッグ漢文学経史子集経説後藤点四書五経儒学文字札

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経学の関連情報