道光(読み)どうこう

朝日日本歴史人物事典の解説

道光

没年:元徳2.3.29(1330.4.17)
生年:建長3(1251)
鎌倉後期の浄土宗の僧侶。字は了慧。一説に元弘1(1331)年7月19日死亡。比叡山で顕密諸宗を学ぶが,のちに良忠門下に帰す。京都五条坊門に悟真寺(のちに三条に移転)を建立し布教したので,その門流を三条派といった。法然の語録を集めた『黒谷上人語燈録』を編纂し,法然,弁長,証空3代の伝記を作成した。法然の門流が分派していくなかで,浄土宗の鎮西派の正統意識のもとで円頓戒と末代念仏授手印の伝授による布教を定着させ,鎮西派確立に寄与した。<著作>『選択集大綱鈔』<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』16巻

(林淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の道光の言及

【鉄眼】より

…江戸時代初期の黄檗(おうばく)宗の僧。道光と称し,鉄眼は号,諡号(しごう)は宝蔵国師である。肥後国(熊本県)益城(ましき)郡の生れで,俗姓は佐伯氏。…

※「道光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道光の関連情報