コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力山を抜き気は世を蓋う チカラヤマヲヌキキハヨヲオオウ

デジタル大辞泉の解説

力(ちから)山(やま)を抜き気は世を蓋(おお)う

《「史記項羽本紀から。劉邦垓下で包囲されたとき、絶望したの項羽がうたった詩の一節》山を抜き取るほどが強く、世を圧倒するほど気力が盛んである。抜山蓋世(ばつざんがいせい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちからやまをぬききはよをおおう【力山を抜き気は世を蓋う】

〔「史記項羽本紀」から出た語。項羽が垓下がいかで漢軍に包囲され、四面楚歌しめんそかの声を聞いてうたった詩の一節〕
力は山を引き抜くほど強く、意気は世をおおい尽くすほど盛んである。英雄の勇壮な気概をいったもの。抜山蓋世ばつざんがいせい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android