コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバエ

デジタル大辞泉の解説

すばえ【×楚】

すわえ

すわえ〔すはえ〕【×楚/×楉/×杪】

《「ずわえ」「すばえ」とも》
木の枝や幹からまっすぐ伸び出た、若く細い小枝。すえだ。
「ほそき―をしてさし寄せむに」〈・二四四〉
刑罰に用いるむち。しもと。
「毎(つね)に九百段の鉄の―もて打ち迫(せ)む」〈霊異記・上〉

そ【楚】

中国の国名
春秋戦国時代の国。戦国七雄の一。揚子江中流域を領有し、都は郢(えい)。春秋中期にはなどを圧迫し、と対立。荘王中原の覇者となったが、前223年、に滅ぼされた。
五代十国の一。許州の馬殷(ばいん)が後梁から招じられて、927年に建国。951年に南唐に併合されて滅亡。
北宋滅亡後の1127年、が宋の旧領に建国。1か月余りで滅亡。

そ【楚】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ソ(漢) [訓]すわえ しもと
すっきりとしたさま。「楚楚清楚
苦しむ。痛む。「苦楚酸楚
中国古代の国名。「楚囚四面楚歌
[名のり]たか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

楚【そ】

(1)中国,春秋時代春秋戦国時代)の侯国。長江の中流域を本拠とし,前7世紀から北方に進出,荘王は前606年,との境上に至り,鼎(かなえ)の軽重を問うた。前597年には中原に覇を唱え,以来100年,北方のと南北に対立。
→関連項目屈原長沙覇者

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そ【楚 Chǔ】

中国,五代十国の一つ。907‐951年。木工出身の馬殷(ばいん)が湖南に建てた国。後から王に封ぜられ,その後も中原五代王朝に服属の態度をとって皇帝号を称さなかった。それは東に呉(南),南に南といった十国中の強国と境を接していたことによる。鉛鉄銭の鋳造や茶栽培の奨励など富国策にみるべきものがあるが,馬殷の20人を超える諸子間の権力争いが激しく,まもなく4勢力に分裂し,南唐の支配,馬氏配下の部将周行逢の自立を経て,宋に併合された。

そ【楚 Chǔ】

中国,春秋時代の侯国。戦国七雄の一つ。?‐前223年。殷代には河南南西部にあり,西周時代には丹陽(湖北秭帰(しき)県)に都を置き,周と対峙し,周昭王の征伐を受けた。のち都を(えい)(湖北江陵県)に移す。春秋時代には湖北・河南南部を収め,北の晋と対立,前597年荘王は晋を泌(河南)で破り,一時覇権を握った。戦国時代にも南方の雄として,北の諸国と対立したが,秦の圧迫を避け,都を陳(河南淮陽(わいよう)県),鉅陽(きよよう)(安徽阜陽県),寿春(安徽寿県)と東に移し,前249年には魯を滅ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すばえ【楚】

すわい【楚】

〔「ずわい」とも〕
「すわえ」の転。 〔日葡〕

そ【楚】

中国の国名。
春秋戦国時代に長江中流域を領有していた国(?~前223)。春秋中期に五覇の一人荘王を出し、また戦国七雄の一として覇を争ったが、秦に滅ぼされた。中原諸国と種族・文化を異にしていた。
五代十国の一。馬殷ばいんが後梁こうりようから楚王に封ぜられて建国(907~951)。湖南を中心に広西の北部を支配。南唐に滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


張邦昌」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【春秋戦国時代】より

…前半の大半の期間のことが魯国の年代記《春秋》に,後半のことが《戦国策》とよぶ書物に書かれているからである。前453年で二分するのは,春秋の大国晋の家臣であった韓・魏・趙の3代が主家を三分独立し,晋は事実上滅亡し,以後戦国の七雄といわれる韓・魏・趙・楚・斉・燕・秦の対立抗争の時代となるからである。
[歴史]
 《史記》によれば,春秋初めには140余の小国が分立していたが,勢力のあったのは,魯(山東省曲阜),斉(山東省臨淄(りんし)),曹(山東省定陶),衛(河南省淇県,のち滑県),鄭(河南省新鄭),宋(河南省商丘),陳(河南省淮陽(わいよう)),蔡(河南省上蔡,のち新蔡,さらに安徽省鳳台),晋(山西省曲沃),秦(陝西省鳳翔,のち咸陽),楚(湖北省江陵,のち河南省淮陽,安徽省寿県),燕(北京市)の十二諸侯であり,洛陽には周王室があった。…

※「楚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楚の関連キーワード聖人は物に凝滞せず堅を被り鋭を執る虎の威を借る狐魚腹に葬らる仏日燄慧禅師奇貨居くべし世と推し移る荊楚歳時記宋襄の仁美人香草漁父の辞伍子胥春申君老莱子楚満人九歌天問紀信闔閭広西

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楚の関連情報