功・勲(読み)いさおし

  • いさおし いさを‥
  • いさおし いさをし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 手柄があること。手柄。功績。いさお。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「所以(このゆゑ)に五十猛命を称(なづ)けて有功(イサヲシ)の神と為(す)
〘形シク〙 (「いさお(勇男)」の形容詞化)
① 勇ましい。雄々しい。
※書紀(720)大化二年正月(北野本訓)「里坊の長には、並びに里坊の百姓の清正(いさぎよ)く、強(イサヲシキ)者を取りて宛てよ」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「としかげ、いさおしき心、早き足をいたしてゆくに」
② 勤勉だ。努め励んでいる。
※書紀(720)推古一二年四月(北野本訓)「其れ如此(これら)の人は皆、君に忠(イサヲシキこと)無く、民に仁(めぐみ)無し」
※唱歌・蛍の光(1881)「いたらんくにに、いさをしく。つとめよわがせ、つつがなく」
③ 功績をあげている。手柄をたてている。
※書紀(720)天武元年八月(北野本訓)「諸の有功勲(イサヲシキ)者に恩勅(みことのり)して、顕(あきらか)に寵賞(めぐみたまもの)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android