手柄(読み)テガラ

デジタル大辞泉の解説

人からほめられるような立派な働き。功績。功名。「手柄を立てる」「大手柄
腕前。手並み。
「されば―の精励、立ち合ひに見ゆべし」〈花伝・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① その人の身についた腕前。手なみ。手練。技量。
※平治(1220頃か)中「留めんとおもはばよれや。手がらの程みせん」
※風姿花伝(1400‐02頃)二「かやうなる手がらにて、人を泣かする所あらば、無上の上手と知るべし」
② 他から賞されるような働きをすること。功績をあげること。功名を立てること。また、その働き。いさお。功名。
※太平記(14C後)八「河野と陶山が手柄(テガラ)の程、いとど名高く成にけり」
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉霧夜「その男から記事を取れば社会面の特種になり、記者として手柄になる」
③ ききめ。効能。効果。
※虎明本狂言・膏薬練(室町末‐近世初)「都へのほって、かうやくのてがらをみてまいらばやと存る」
④ 手なみを誇ること。自慢すること。
※咄本・学習院本昨日は今日の物語(1614‐24頃)「さてさて手がらなへへをもちたことぢゃ」
※玉塵抄(1563)六「手がらの兵を百ほどかくいて信をめしとってみやこへのぼせてきられたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手柄の関連情報