コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手柄 テガラ

デジタル大辞泉の解説

て‐がら【手柄】

人からほめられるような立派な働き。功績。功名。「手柄を立てる」「大手柄
腕前。手並み。
「されば―の精励、立ち合ひに見ゆべし」〈花伝・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てがら【手柄】

目覚ましい働き。腕前を発揮した成果。いさお。 「 -をたてる」
手並み。腕前。 「 -の程みせん/平治 中・古活字本
すぐれているところ。誇りとするところ。 「四季の草いろ〱をの〱花の-を見せ/洒落本・通言総籬」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手柄の関連キーワード廉士は人を恥じしめず兵庫県姫路市西延末抜け駆けの功名大魚を逸する何かと言うと槍先の功名功伐・功閥論功行賞メリット高名帳洒落本手柄顔手柄話寸功論功丕績奇功武勲高名巨歩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手柄の関連情報