加一倍法(読み)カイチバイホウ

デジタル大辞泉「加一倍法」の解説

かいちばい‐ほう〔‐ハフ〕【加一倍法】

1を原数とし、1に1を加えて2とし、2に2を加えて4とし、4に4を加えて8とするように、倍加していく方法。「易経」繋辞上の「に太極有り、これ両儀を生じ、両儀四象を生じ、四象八卦はっかを生ず」に基づき、中国北邵雍しょうようが、天地万物の変化・消長数理推測するのに用いたという算法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「加一倍法」の解説

かいちばい‐ほう ‥ハフ【加一倍法】

〘名〙 (中国、宋の邵雍(しょうよう)が、「易経‐繋辞伝」の「易有太極、是生両儀、両儀生四象、四象生八卦」に基づき、天地万物の消長、変化の数理の推測に用いたという算法) 一を原数として倍加してゆく算法。一に一を加えて二、二に二を加えて四となる法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android