コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加一倍法 カイチバイホウ

デジタル大辞泉の解説

かいちばい‐ほう〔‐ハフ〕【加一倍法】

1を原数とし、1に1を加えて2とし、2に2を加えて4とし、4に4を加えて8とするように、倍加していく方法。「易経」繋辞上の「易に太極有り、是(これ)両儀を生じ、両儀四象を生じ、四象八卦(はっか)を生ず」に基づき、中国北宋の邵雍(しょうよう)が、天地万物の変化・消長数理を推測するのに用いたという算法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

加一倍法の関連キーワード邵雍