コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邵康節 ショウコウセツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こうせつ〔セウカウセツ〕【邵康節】

[1011~1077]中国、北宋の学者。共城(河南省)の人。名は雍(よう)。字(あざな)は尭夫(ぎょうふ)。神秘的宇宙観・自然哲学を説き、朱熹(しゅき)らに影響を与えた。著「観物内外篇」「皇極経世」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこうせつ【邵康節】

1011~1077) 北宋の儒者。名は雍よう、字は尭夫、康節は諡号しごう。図書先天象数の学を李之才より受け、また易に精通し、程顥ていこう・程頤ていいや朱熹に影響を与えた。著「皇極経世」「伊川撃壌集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邵康節
しょうこうせつ

邵雍」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邵康節
しょうこうせつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

邵康節の関連キーワード徐敬徳陳献章心易儒者

邵康節の関連情報