邵康節(読み)しょうこうせつ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こうせつ〔セウカウセツ〕【邵康節】

[1011~1077]中国、北宋の学者。共城(河南省)の人。名は雍(よう)。字(あざな)は尭夫(ぎょうふ)。神秘的宇宙観・自然哲学を説き、朱熹(しゅき)らに影響を与えた。著「観物内外篇」「皇極経世」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこうせつ【邵康節】

1011~1077) 北宋の儒者。名は雍よう、字は尭夫、康節は諡号しごう。図書先天象数の学を李之才より受け、また易に精通し、程顥ていこう・程頤ていいや朱熹に影響を与えた。著「皇極経世」「伊川撃壌集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android