コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加倉井和夫 かくらい かずお

美術人名辞典の解説

加倉井和夫

日本画家。横浜生。東美校卒。山口蓬春に師事する。高山辰雄らと一采社に参加し主として日展で活躍した。また始玄会を結成、虹の会・三珠会などにも出品した。花鳥・風景画を得意とし、緊密な構成のもと清爽な詩情空間を表した。日本芸術院会員・日展常務理事。内閣総理大臣賞・日本芸術院賞受賞、勲三等瑞宝章受章。平成7年(1995)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加倉井和夫 かくらい-かずお

1919-1995 昭和-平成時代の日本画家。
大正8年9月11日生まれ。山口蓬春(ほうしゅん)に師事。日展を中心に作品を発表。昭和29年高山辰雄らの一采社に参加。56年「青苑」で芸術院賞を受賞。平成元年芸術院会員。平成7年9月24日死去。76歳。神奈川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「路地」「白隴」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android