コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加古千賀 かこ ちが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加古千賀 かこ-ちが

?-1893 明治時代の浄瑠璃(じょうるり)作家。
明治9年義太夫節三味線方の2代豊沢団平の後妻となる。「壺坂霊験記」は千賀のすすめで団平がかき,千賀が加筆した。明治26年11月20日死去。作品に「良弁杉由来」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の加古千賀の言及

【二月堂良弁杉の由来】より

…作曲豊沢団平。作詞加古千賀(団平の妻)。1887年2月大阪彦六座初演。…

※「加古千賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android