コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺坂霊験記 つぼさかれいげんき

5件 の用語解説(壺坂霊験記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺坂霊験記
つぼさかれいげんき

浄瑠璃『観音霊験記三拾三所花野山』の「沢市内の段」を独立させた題名。世話物。1段。原作者未詳。加古千賀 (2世団平の妻) 改訂。2世豊沢団平作曲。 1879年に『西国三拾三所観音霊場記』の一部として,豊竹島太夫が大阪大江橋席で初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つぼさかれいげんき【壺坂霊験記】

浄瑠璃。世話物。一段。原作者未詳。浄瑠璃「観音霊場記」に2世豊沢団平・加古千賀夫妻が補訂・作曲。明治12年(1879)大阪大江橋席初演。お里と座頭沢市(さわいち)との夫婦愛に、壺阪寺の観音の霊験物語を配した筋。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壺坂霊験記【つぼさかれいげんき】

浄瑠璃の曲名。2世豊沢団平・加古千賀(かこちが)夫妻の合作。原形は1879年初演。壺坂と通称。盲人の沢市は,女房お里が夫の目が見えるようにと壺坂寺観世音へ夜参りしているのを知ってふびんがり,谷底に投身する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つぼさかれいげんき【壺坂霊験記】

(1)人形浄瑠璃。世話物。1段。角書〈卅三所花の山〉。通称《壺坂》。原曲は1875年ごろに書かれた浄瑠璃《観音霊場記》に2世豊沢団平・加古千賀女(ちかじよ)夫妻が補訂・作曲を施し,79年10月に大阪大江橋席で初演されたものだが,その後,改めて団平が作曲をし直した87年2月大阪稲荷彦六座上演のおりのものが,現行曲として定着した。3世竹本大隅太夫と団平の演奏が好評を博し,明治期以降の新作の中では代表的な人気曲となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壺坂霊験記
つぼさかれいげんき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。一段。通称「壺坂」。原作者未詳。2世豊沢団平(とよざわだんぺい)と妻加古千賀(かこちが)の改作。1879年(明治12)10月、大阪・大江橋席初演。4年ほど前に書かれた浄瑠璃『観音(かんのん)霊場記』を団平夫妻が補訂作曲したものだが、その後団平が改曲し、87年2月の大阪・彦六座で「卅三所(さんじゅうさんしょ)花の山」のうち「沢市(さわいち)内の段」として上演したのが現行曲となった。大和(やまと)国壺坂の里に住む座頭(ざとう)沢市は、妻お里が夫の眼(め)のあくよう毎夜壺坂寺の観世音へ祈願しているのを知ってその貞節に感謝し、2人で壺坂へ詣(もう)でるが、しょせん治らぬ眼病と思い、女房の幸せのためと覚悟して谷底へ身を投げ、お里も後を追うと、観世音が奇瑞(きずい)を現して夫婦の命を助け、沢市の眼を開かせる。3世竹本大隅(おおすみ)太夫と団平の演奏が評判で義太夫節の人気曲となる。翌88年には、歌舞伎(かぶき)にも移された。簡潔な構成ながら、素朴な夫婦愛の美しさが長所で、夫に操を疑われたお里が泣いて潔白を訴える「三つ違いの兄(あに)さんと」以下のクドキが有名。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壺坂霊験記の言及

【壺阪寺】より

…壺阪観音,あるいは南法華寺ともいい,江戸時代までは〈坂〉の字を用いた。千手観音を本尊とし,西国三十三所第6番の札所で,眼病に霊験があるといわれ,お里・沢市の《壺坂霊験記》は有名である。創建についてはつまびらかでないが,境内より白鳳期の古瓦が出土し,貞慶の《南法花寺古老伝》には703年(大宝3)に僧弁基の建立とか,弁基と尼善心の2人の共建と伝えている。…

※「壺坂霊験記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壺坂霊験記の関連キーワード生世話物操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃内海繁太郎紙子仕立両面鑑景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壺坂霊験記の関連情報