コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加減法 カゲンホウ

デジタル大辞泉の解説

かげん‐ほう〔‐ハフ〕【加減法】

連立方程式の解き方の一。二つの方程式の両辺に適当な数を掛け、一つの未知数の係数を同じにし、二式を加えるか減じるかして、一次方程式として解く。→代入法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かげんほう【加減法】

連立一次方程式の解き方の一。二つの方程式の両辺に適当な数を掛け一つの未知数の係数を同一にし、二式のそれぞれの両辺を加え、または引くことによって、その未知数を消去して最終的に一元一次方程式を導き解く方法。消去法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の加減法の言及

【連立一次方程式】より

…これを(I)に代入して,x=-3となる。この方法を加減法という。 (I)から,を得る。…

※「加減法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加減法の関連キーワード連立一次方程式連立方程式演算子法九章算術消去法

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android