コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加減法(読み)カゲンホウ

大辞林 第三版の解説

かげんほう【加減法】

連立一次方程式の解き方の一。二つの方程式の両辺に適当な数を掛け一つの未知数の係数を同一にし、二式のそれぞれの両辺を加え、または引くことによって、その未知数を消去して最終的に一元一次方程式を導き解く方法。消去法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の加減法の言及

【連立一次方程式】より

…これを(I)に代入して,x=-3となる。この方法を加減法という。 (I)から,を得る。…

※「加減法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android