コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加瀬俊一 かせ としかず

2件 の用語解説(加瀬俊一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加瀬俊一 かせ-としかず

1904-2004 昭和-平成時代の外交官,評論家。
明治37年1月12日生まれ。外交評論家加瀬英明の父。大正14年外務省にはいり,ハーバード大大学院を修了。ロンドン軍縮会議や日本が脱退した国際連盟の総会に随員として参加。日米開戦の際は北米課長。昭和30年アジア・アフリカ会議の日本代表をつとめ,同年初代国連大使。33年駐ユーゴスラビア大使。のち京都外大教授。退官後,歴代首相の顧問をつとめた。平成16年5月21日死去。100歳。東京出身。東京商大(現一橋大)中退。著作に「ミズ-リ号への道程」「加瀬俊一回想録」など。

加瀬俊一 かせ-しゅんいち

1897-1956 大正-昭和時代の外交官。
明治30年10月23日生まれ。大正9年東京帝大を中退して外務省にはいる。イタリアスイス公使,メキシコ西ドイツ大使をつとめた。昭和31年9月9日死去。58歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加瀬俊一の関連キーワード池井優植田捷雄臼井勝美小和田恒武内竜次林毅陸松永信雄三谷太一郎山下和夫渡辺昭夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加瀬俊一の関連情報