コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤一純 かとう いちじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤一純 かとう-いちじゅん

1721-1793 江戸時代中期の武士。
享保(きょうほう)6年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。滋野井公麗(しげのい-きんかず)に故実や古典をまなぶ。藩命で「筑前国続風土記附録」を編集。和歌,書にもすぐれた。寛政5年4月死去。73歳。通称は三太夫,市太夫。号は虞山(ぐさん),仙巣。編著に「仙巣秘笈(ひきゅう)訓戒編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤一純の関連キーワード加藤虞山鷹取周成

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android