コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤周兵衛(2代) かとう しゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤周兵衛(2代) かとう-しゅうべえ

?-? 明治時代の陶業家。
初代加藤周兵衛の子。明治10年愛知県瀬戸で父の窯をつぎ,古窯(こがま)と丸窯を併用してやく。30年北村弥一郎,寺内信一により磁器用の顔料の飛鳥井黄が瀬戸陶器学校でつくられたとき,周兵衛の窯が試し焼きにつかわれたという。通称ははじめ徳七。号は白雲堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤周兵衛(2代)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android