コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤文雅 かとう ぶんが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤文雅 かとう-ぶんが

1867-1912 明治時代の僧。
慶応3年1月3日生まれ。日蓮宗大教院新居日薩にまなぶ。明治28年から宗門報道紙「日宗新報」にかかわる。開宗650年記念事業として「日蓮聖人御遺文」の出版を発願稲田海素らの協力をえて37年刊行した。明治45年5月27日死去。46歳。武蔵(むさし)荏原(えばら)郡(東京都)出身。法名日淵。号は中王院,白渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤文雅の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android