コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新居日薩 あらい にっさつ

4件 の用語解説(新居日薩の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

新居日薩

日蓮宗の僧。久遠寺七十三世・日蓮宗一致派初代管長。群馬県生。幼名は林之助、字は文嘉、号に文明院・容月。孤児院福田会を開設するなど社会教化活動につとめ、近代日蓮宗の基礎を築いた。明治21年(1888)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新居日薩 あらい-にっさつ

1831*-1888 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)元年12月26日生まれ。金沢の立像(りゅうぞう)寺の私塾充洽(じゅうごう)園で日輝(にちき)にまなぶ。明治7年身延山(みのぶさん)久遠(くおん)寺73世,日蓮(にちれん)宗一致派初代管長となり,宗門の改革にあたる。「日蓮宗」名を公認させ,福田会(ふくでんかい)育児院を創設した。明治21年8月29日死去。59歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。字(あざな)は文嘉。号は文明院,容月。著作に「日蓮宗教義大意」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新居日薩

没年:明治21.8.29(1888)
生年:天保1.12.26(1831.2.8)
明治前期に活躍した日蓮宗(一致派)初代管長。上野国山田郡桐生(群馬県桐生市)の織物問屋の6男として生まれ,天保10(1839)年に出家。長じて加賀国金沢(石川県)の充洽園に入って優陀那日輝から開明的な宗学を学んだ。明治維新(1868)後は,東京にあって諸宗と連携して政府の国民教化政策に協力し廃仏の嵐のなか,苦悶する宗門の再建を図るとともに,東京二本榎(港区高輪)の日蓮宗宗教院(のちの大教院)を拠点に宗門子弟の育成に当たった。また,明治7(1874)年に初代管長に就任してからは,組織整備と人材抜擢を行って宗門の近代化に努めた。

(西山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新居日薩
あらいにちさつ

[生]天保1(1830).12.26. 桐生
[没]1888.8.29. 東京
日蓮宗の僧。 1873年身延山法主となり,日蓮宗管長を兼ねた。日蓮宗の教学を大成し,孤児院や学校を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新居日薩の関連キーワード日薩日宣鉄操一致派勝劣派本化浅井要麟風間日法久保田日亀小泉日慈

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone