コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大教院 たいきょういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大教院
たいきょういん

神道を布教する教導職の研修の場として,明治政府により造られた神仏合同の道場。 1873年東京に開設され,アメノミナカヌシノカミ,タカミムスビノカミ,カミムスビノカミ,アマテラスオオミカミの4神を祀り,「十一兼題」「十七兼題」を定めて,研学の基準とした。 75年仏教徒島地黙雷らの反対により解散した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大教院【だいきょういん】

大教宣布運動の高揚を図るため教部省が1872年に設置した神仏合併の教導職の道場。東京芝の増上寺内に設立,地方には中・小教院を置いて神仏合同の布教を計画した。しかし,神主仏従の傾向に対する僧職の不平や,宗教の国家統制に対する島地黙雷(真宗西本願寺派僧侶)らの猛反対で1875年に廃止。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいきょういん【大教院】

明治初年に教部省の下で展開された国民教化運動の推進機関。明治政府は大教宣布運動の高揚を図るために1872年(明治5)教部省を設置,その下に教導職の制度を設けて,すべての神官,僧侶等に兼任させ,また〈三条の教則〉を定めた。大教院はこれら教導職の教育・統轄にあたるとともに,この教化運動の推進・指導機関として,翌年東京芝の増上寺に置かれた。またその分院として,各府県に中教院,各地に小教院が置かれた。大教院は神仏合同の布教機関とされ,神仏分離,神道国教化政策の下で窒息していた仏教勢力にとっては一定の地歩の回復であったが,大教院の神殿に記紀神話中の造化三神と天照大神がまつられたごとく,神道側の完全な主導の下にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいきょういん【大教院】

1872年(明治5)教部省によって設置された大教宣布と教導職の指導のための中央機関。地方には中教院・小教院が設置された。75年神仏教導職の対立で解散。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大教院
だいきょういん

神道(しんとう)による国民思想の統一を目ざす明治政府の大教宣布運動の中央機関で、教導職の研修の道場。1872年(明治5)3月、教部省が設置され、教導職を擁して国民教化運動が展開されることになった。そこで仏教教導職は教義・布教の研究のため、翌73年神官教導職と合同で東京・芝の増上寺内に大教院を建設し、各府県に中教院を置き、各社寺を小教院とした。しかし、当初仏教側のペースで進められていた大教院体制は、大教院に神殿が設けられたことによって「神主仏従」の形態を呈するに至り、ことに神祇(じんぎ)不拝を伝統とする真宗西本願寺教団からは強い不満が出て、東京の大教院および地方中教院での神仏合同布教に反対した。結局、この真宗教団の主張は政府においても認めるところとなり、75年5月大教院は解散された。[阪本是丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大教院の関連キーワード道重 信教杉田 日布渡辺重石丸聡子内親王大洲鉄然福田行誡荻野独園赤松連城飯田武郷木城花野四柱神社芳村正秉中央機関新居日薩教派神道大谷光勝世良利貞道重信教杉田日布神道大教

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android