コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤明実 かとう あきざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤明実 かとう-あきざね

1848-1906 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)元年3月1日生まれ。加藤明邦(あきくに)の3男。兄明軌(あきのり)の養子となり,慶応2年近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩主加藤家第2次9代。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍のためにはたらいた。明治17年子爵。明治39年11月29日死去。59歳。号は桂斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤明実の関連キーワード一八四八年の革命児童雑誌三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android