コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤行虎 かとう みちたけ

2件 の用語解説(加藤行虎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

加藤行虎

幕末の国学者。藩医にして茶事を好む。(本名柴田氏は尾張藩医)称常徳。名三千丈・字寅阿・号西垣・雨田舎・心斎他。幼きより僧となるが壮年還俗し、叔父加藤氏の養子となる。鈴木朖の甥。行虎の名の最も知られし医にあらず、歌・茶にあり。景樹、朖、茂岳、歌城、吾鬘等を歴訪して諸家の長を取入れる。近世名古屋に狂歌を以って名高い龍の屋は実兄である。万延元年(1860)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤行虎 かとう-みちたけ

1813-1860 江戸時代後期の医師,国学者。
文化10年尾張(おわり)名古屋藩医柴田家に生まれ,藩奥医師の叔父加藤常春の養子となる。熊谷直好らに歌,国学をまなび,江戸で医を業とする。晩年に名古屋へかえった。安政7年2月23日死去。48歳。字(あざな)は寅阿,宗寅。通称は常徳。号は西垣三中氏など。著作に「釣船物語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤行虎の関連キーワード青木永古英雄色を好む国学者事を好む茶事嗜虐暁の茶事朝の茶事西郷暉隆村田良穂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone