コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常徳 ジョウトク

5件 の用語解説(常徳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうとく〔ジヤウトク〕【常徳】

中国湖南省北部、洞庭湖西方の商工業都市。水陸交通の要地。チャントー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常徳【じょうとく】

中国,湖南省洞庭湖西岸の都市。【げん】江流域の桐油,木材,薬材その他,貴州省の物産の集散地。付近は農産物が豊富で,紡織,食品・皮革などの工業がある。140万人(2014)。
→関連項目荊州湖南[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうとく【常徳 Cháng dé】

中国,湖南省北部,沅江の下流域,洞庭湖の西側に位置する商工業都市。人口125万(1994)。洞庭湖平原南西部の中心を占め開発は古い。漢代に臨沅県が置かれ,隋代以後武陵県と改められ,民国に入り常徳県と改名された。漢の武陵郡,唐の朗州,宋の常徳府,元の常徳路,明・清の常徳府の治所であった。1950年,常徳県から分離して市が設けられた。沅江を通じて米,綿花,桐油,木材,茶,チョマなどを集散する。機械,紡織,木材加工などの工業が発達し,伝統工業には竹器と酒造業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょうとく【常徳】

中国、湖南省北部の都市。洞庭湖の西、沅江げんこうの北岸にあり、交通の要地。チャントー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常徳
じょうとく / チャントー

中国、湖南(こなん)省北部の地級市。(げんこう)下流部、洞庭湖(どうていこ)の西側に位置し、2市轄区、(れい)県など6県を管轄し、津市(しんし)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口608万7000(2014)。秦(しん)代に臨(りんげん)県が置かれ、隋(ずい)代に武陵(ぶりょう)県と改められたのち1913年に常徳県と改称した。また水運、陸運の便に恵まれ、経済上、軍事上の要地であることから、後漢(ごかん)に武陵郡治が設けられて以後、歴代の州や府の治所も設置された。明(みん)・清(しん)代には常徳府治であった。1950年常徳県から分離して市制施行。1988年地級市に昇格した。
 機械、紡績、木材加工、皮革などの産業を柱として、たばこ製造、食品製造、製紙、製薬、電子工業なども発展をみせている。江流域の農・林産物の集散地となっている。常徳―長沙(ちょうさ)間には定期航路がある。また明の栄定王墓、鉄経幢(てっけいとう)、浜湖公園などの史跡、名勝がある。同市桃源(とうげん)県は、陶淵明(とうえんめい)(陶潜(とうせん))の『桃花源記』に描かれた「桃源郷」のモデルとして知られる。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常徳の関連キーワード岳陽沅江湘江洞庭湖九州瀟湘瀟湘八景洞庭藍湖南[省]湖北[省]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常徳の関連情報