コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常徳 ジョウトク

百科事典マイペディアの解説

常徳【じょうとく】

中国,湖南省洞庭湖西岸の都市。【げん】江流域の桐油,木材,薬材その他,貴州省の物産の集散地。付近は農産物が豊富で,紡織,食品・皮革などの工業がある。140万人(2014)。
→関連項目荊州湖南[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうとく【常徳 Cháng dé】

中国,湖南省北部,沅江の下流域,洞庭湖の西側に位置する商工業都市。人口125万(1994)。洞庭湖平原南西部の中心を占め開発は古い。漢代に臨沅県が置かれ,隋代以後武陵県と改められ,民国に入り常徳県と改名された。漢の武陵郡,唐の朗州,宋の常徳府,元の常徳路,明・清の常徳府の治所であった。1950年,常徳県から分離して市が設けられた。沅江を通じて米,綿花,桐油,木材,茶,チョマなどを集散する。機械,紡織,木材加工などの工業が発達し,伝統工業には竹器と酒造業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうとく【常徳】

中国、湖南省北部の都市。洞庭湖の西、沅江げんこうの北岸にあり、交通の要地。チャントー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常徳
じょうとく / チャントー

中国、湖南(こなん)省北部の地級市。(げんこう)下流部、洞庭湖(どうていこ)の西側に位置し、2市轄区、(れい)県など6県を管轄し、津市(しんし)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口608万7000(2014)。秦(しん)代に臨(りんげん)県が置かれ、隋(ずい)代に武陵(ぶりょう)県と改められたのち1913年に常徳県と改称した。また水運、陸運の便に恵まれ、経済上、軍事上の要地であることから、後漢(ごかん)に武陵郡治が設けられて以後、歴代の州や府の治所も設置された。明(みん)・清(しん)代には常徳府治であった。1950年常徳県から分離して市制施行。1988年地級市に昇格した。
 機械、紡績、木材加工、皮革などの産業を柱として、たばこ製造、食品製造、製紙、製薬、電子工業なども発展をみせている。江流域の農・林産物の集散地となっている。常徳―長沙(ちょうさ)間には定期航路がある。また明の栄定王墓、鉄経幢(てっけいとう)、浜湖公園などの史跡、名勝がある。同市桃源(とうげん)県は、陶淵明(とうえんめい)(陶潜(とうせん))の『桃花源記』に描かれた「桃源郷」のモデルとして知られる。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

常徳の関連キーワードチャントー(常徳)特別市香川県三豊市仁尾町仁尾丁山口県山口市阿東蔵目喜チンシー(津市)市ユワン(沅)江リー(澧)県万代十兵衛谷田部東壑玉木文之進湖南[省]後藤一乗曇仲道芳横川景三加藤行虎湖広平野横山主税正直の誉竹本多門足利義尚文山等勝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常徳の関連情報