コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤里路 かとう さとみち

美術人名辞典の解説

加藤里路

幕末・明治時代国学者神職。号椎廼舎。狩谷竹鞆の門に入り国学・和歌を修める。のち能登の国幣中社(現、大社)気多神社宮司となる。著書に『神風余響』『志北能屋集』がある。明治44年(1911)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤里路 かとう-さとみち

1840-1911 幕末-明治時代の国学者,神職。
天保(てんぽう)11年10月生まれ。加賀金沢藩士。狩谷竹鞆にまなぶ。維新後,神祇官宣教使などをつとめ,のち能登(のと)(石川県)白山比咩(しらやまひめ)神社や気多(けた)神社の宮司となった。明治44年2月死去。72歳。通称は修理,図書。号は椎廼舎。著作に「神木記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤里路の関連キーワード天保

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android