加藤雪潭(読み)かとう せったん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤雪潭 かとう-せったん

1809-1864 幕末の武士。
文化6年4月18日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。松平雪山に画をまなぶ。藩主徳川斉昭の命により「追鳥狩絵巻物」18軸を佐野致盛らとえがいた。元治(げんじ)元年先手同心頭となり,那珂湊(なかみなと)で天狗(てんぐ)党の軍と戦い同年10月16日戦死した。56歳。名は義智。通称は彦太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

加藤雪潭 (かとうせったん)

生年月日:1809年4月18日
江戸時代末期の画家
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android