コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤雪潭 かとう せったん

1件 の用語解説(加藤雪潭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤雪潭 かとう-せったん

1809-1864 幕末の武士。
文化6年4月18日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。松平雪山に画をまなぶ。藩主徳川斉昭の命により「追鳥狩絵巻物」18軸を佐野致盛らとえがいた。元治(げんじ)元年先手同心頭となり,那珂湊(なかみなと)で天狗(てんぐ)党の軍と戦い同年10月16日戦死した。56歳。名は義智。通称は彦太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤雪潭の関連キーワード粟屋亦助川部伊織田中誠輔堤克寛寺尾権平藤崎八郎堀田右馬允三浦贇男森重菊次郎湯川庄蔵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone