コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀尾秀忍 かがお しゅうにん

1件 の用語解説(加賀尾秀忍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀尾秀忍 かがお-しゅうにん

1901-1977 昭和時代の僧。
明治34年1月5日生まれ。高野山東京別院の副主監となる。昭和24年フィリピン国際戦争裁判の教誨(きょうかい)師としてモンテンルパ刑務所に赴任。助命嘆願運動をおこし,28年おおくの受刑者の釈放を実現した。昭和52年5月14日死去。76歳。岡山県出身。真言宗京都大(現種智院大)卒。法名は別に僧忍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加賀尾秀忍の関連キーワード笹鹿彪秋元不死男榎倉省吾蒲生礼一細野孝二郎前大峰水清公子村上俊亮森諦円森三千代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone