コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀潜戸 かがのくけど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀潜戸
かがのくけど

島根県北東部,松江市島根半島北部にある潜戸鼻 (くけどのはな) の先端にある洞門 (新潜戸) と洞窟 (旧潜戸) 。大山隠岐国立公園に属し,国の名勝天然記念物。洞門は約 182m。洞窟内には方解岩の岩脈を挟んで天神鍾乳石といわれる鍾乳石があり,仏教信者はこの洞窟を「賽の河原」と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

加賀潜戸の関連キーワード島根[町]松江(市)島根

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加賀潜戸の関連情報