コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島根半島 しまねはんとう

6件 の用語解説(島根半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島根半島
しまねはんとう

島根県北東部,日本海に突出する半島。東の地蔵埼から西の日御碕まで東西約 68km,南北 5~20km,平均標高約 350mで三つの地塁山地(→地塁)が東西に雁行。新第三紀層の砂岩礫岩頁岩凝灰岩類の互層からなり,その上に流紋岩安山岩などの火成岩が貫入し,地形は複雑。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しまね‐はんとう〔‐ハンタウ〕【島根半島】

島根県北東部、日本海に臨む半島。東端の地蔵崎から西の日御碕(ひのみさき)まで長さ約65キロメートル、幅15~20キロメートル。500メートル以下の通称北山と呼ばれる山地が主体。半島北部の海岸はリアス式海岸で変化に富み、湾奥に漁村が並ぶ。半島南部は中海(なかうみ)松江平野宍道(しんじ)湖・出雲(いずも)平野が並行してあり、農業が主。美保関(みほのせき)日御碕など北部海岸は大山(だいせん)隠岐(おき)国立公園の一部。日御碕東の海面は島根半島海域公園となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

島根半島【しまねはんとう】

島根県北東部の半島。主体は東西に走る第三紀の褶曲(しゅうきょく)山脈で,もと島であったが,沖積作用で陸続きになった。本土との間は宍道(しんじ)地溝帯で,宍道湖中海がある。
→関連項目鹿島[町]島根[県]島根[町]美保関[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまねはんとう【島根半島】

島根県北東部,日本海に臨む半島。東西延長65km,南北幅5~20kmにおよぶ。半島の主体は,海岸線と並行して3列に雁行する北山と呼ばれる標高250~500mの丘陵からなる。これが沖積平野の拡大によって本土と連結したものであり,こうした半島形成は《出雲国風土記》に伝えられる国引き神話とも符合する。本土との間の低地は宍道(しんじ)地溝帯と呼ばれ,西から出雲平野宍道湖松江平野,中海がある。半島東端付近には弓ヶ浜の砂州がのびて中海を抱き,半島の丘陵とは境海峡で隔てられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕島根半島(しまねはんとう)


島根県北東部の半島。東端の地蔵埼(じぞうざき)から西端の日御碕(ひのみさき)まで東西約65km、南北約5~15kmにわたって日本海に臨む。海岸線に平行して、北(きた)山とよばれる標高250~500m級の3つの地塊が並ぶ。南側は中(なか)海・松江(まつえ)平野・宍道(しんじ)湖・出雲(いずも)平野が帯状の低地帯を形成する。東部の海岸部と西端部は大山隠岐(だいせんおき)国立公園に属する。美保ノ北浦(みほのきたうら)、加賀(かか)の潜戸(くけど)、日御碕などの景勝地が多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根半島
しまねはんとう

島根県北東部、日本海に臨む半島。第三紀の褶曲(しゅうきょく)地層群と断層からなり、三つの地塊が雁行(がんこう)状に配列し、火成活動による変形が各所にみられる。まず西のほうから北に緩く傾斜し南に急崖(きゅうがい)をなしている西部地塊(北山地塊)、北側が急崖で南に緩い中部地塊(十六島(うっぷるい)地塊)、南側が急崖で北に緩く傾斜する東部地塊(枕木(まくらぎ)山地塊)からなる。東端の地蔵崎(じぞうさき)から西端の日御碕(ひのみさき)まで延長65キロメートル、南北15~20キロメートル、標高250~500メートルの狭長な丘陵地をなし、南部の本土とは宍道(しんじ)低地帯で接続し、能義(のぎ)平野、中海(なかうみ)、松江平野、宍道湖、出雲(いずも)平野と連なっている。半島北岸の地蔵崎から加賀ノ潜戸(かがのくけど)にかけての地域や日御碕は大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部であり、また宍道湖北山(きたやま)県立自然公園域には枕木(まくらぎ)山(華蔵寺(けぞうじ))、一畑薬師(いちばたやくし)、鰐淵寺(がくえんじ)などの名勝が多い。半島最西端にある出雲大社は大国主命(おおくにぬしのみこと)を祭神とする出雲の一宮(いちのみや)で、福の神、縁結びの神として全国に多くの崇敬者をもっている。なお、日本海に面した海岸には恵曇(えとも)、片江、七類(しちるい)などのリアス式湾港がある。[飯田 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の島根半島の言及

【島根[県]】より

…出雲平野は,大社町から南東に延びる砂州の形成と斐伊川の沖積作用で陸化し,宍道湖域を外海と分離した。山陰の海岸は全体的に単調で,東部は東西に,西部は北東~南西に走り,この方向転換点に島根半島がある。島根半島は宍道低地帯の沖積低地が拡大して本土と接続したものである。…

※「島根半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島根半島の関連情報