コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働福祉事業団 ろうどうふくしじぎょうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働福祉事業団
ろうどうふくしじぎょうだん

労働福祉事業団法 (昭和 32年法律 126号) に基づいて設立された特殊法人。労働災害補償保険 (労災保険) による保険施設の設置およびその運営を適切かつ能率的に行なうことを目的とする。労災保険による施設としては労災病院などがあったが,それらの規模の拡大と数の増大に対応し,また療養施設やリハビリテーション施設の設置,運営のためにつくられた事業団である。事業団発足当時は失業保険事業施設の運営もあわせて行なっていたが,雇用促進事業団 (→雇用・能力開発機構 ) の発足 (1961年) により同事業団へ引き継いだ。 2004年,独立行政法人労働者健康福祉機構法 (平成 14年法律 171号) に基づき,労働者健康福祉機構へと改組された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

労働福祉事業団の関連キーワード柴谷 要

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android