労働者健康福祉機構(読み)ろうどうしゃけんこうふくしきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「労働者健康福祉機構」の解説

労働者健康福祉機構
ろうどうしゃけんこうふくしきこう

勤労者医療や産業保健関係者への支援、未払賃金立替払事業などを行った厚生労働省所管の独立行政法人。英語名はJapan Labour Health and Welfare Organization。現在の独立行政法人労働者健康安全機構の前身で、2004年(平成16)「独立行政法人労働者健康福祉機構法」(平成14年法律第171号)に基づいて設立された。1949年(昭和24)2月、労働省は日本最初の労災病院である九州労災病院を開設。その後各地に労災病院が開設されたが、同年9月以降、その運営は財団法人労災協会に委託されていた。1957年、労働福祉事業団が設立され、労災病院の運営は同事業団移管。2004年4月、労働福祉事業団は独立行政法人化され、労働者健康福祉機構に改称した。2016年、同機構は労働安全衛生総合研究所と統合し、労働者健康安全機構となった。

[編集部 2017年6月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「労働者健康福祉機構」の解説

労働者健康福祉機構
ろうどうしゃけんこうふくしきこう

独立行政法人労働者健康福祉機構法 (平成 14年法律 171号) に基づき,2004年に設立された独立行政法人。労働者の福祉の増進をはかることを目的として,おもに勤労者に対する医療相談および医療の提供,産業保健関係者に対する研修・情報の提供,労災病院等医療施設の設置および運営,倒産等による未払い賃金の立て替え業務を行なっている。厚生労働大臣監督もとに置かれ,役員は理事長1人 (任期4年) ,理事4人 (任期2年) ,監事2人 (任期2年) で構成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「労働者健康福祉機構」の解説

ろうどうしゃけんこうふくし‐きこう〔ラウドウシヤケンコウフクシ‐〕【労働者健康福祉機構】

労災病院や産業保健推進センター(現産業保健総合支援センター)の運営、労働者に対する未払い賃金立て替え払い事業などの業務を行った、厚生労働省所管の独立行政法人。平成16年(2004)労働福祉事業団の主要な業務を継承して設立。平成28年(2016)労働安全衛生総合研究所と統合し労働者健康安全機構となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android