コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労災病院 ろうさいびょういん

1件 の用語解説(労災病院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労災病院
ろうさいびょういん

厚生労働省が所管する独立行政法人労働者健康福祉機構が運営している病院。労働者災害補償保険法 (労災法) の労働福祉事業の一つ。構造,規模,内容とも国立病院と同等の水準を有し,業務上の事由または通勤により負傷した者,疾病にかかった者など労災法による患者のほか,公的病院として一般患者の診療も行なっているが,労働災害の特性から,整形外科,外科,理学診療科,内科などに重点がおかれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労災病院の関連情報