コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働集約的産業 ロウドウシュウヤクテキサンギョウ

デジタル大辞泉の解説

ろうどうしゅうやくてき‐さんぎょう〔ラウドウシフヤクテキサンゲフ〕【労働集約的産業】

生産要素のうちの労働と資本の組み合わせにおいて、労働者一人当たりの設備など固定資産額の小さい産業。→資本集約的産業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうどうしゅうやくてきさんぎょう【労働集約的産業】

生産に投入される生産要素のうち労働要素の比率が高い産業。資本装備率の低い産業。農林業・繊維工業・機械組立工業・サービス業など。 → 資本集約的産業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

労働集約的産業の関連キーワードストルパー‐サミュエルソンの定理リプチンスキー定理海峡スズ(海峡錫)シンガポールワンマンカー自動車交通家内工業農業

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android