コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定資産 こていしさん

11件 の用語解説(固定資産の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

固定資産

企業活動の基礎となり、長期間継続して使える資産。固定資産の種類には土地、建物、機械などの「有形固定資産」、営業権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権、ソフトウェアなどの「無形固定資産」、子会社株式、投資有価証券等からなる「投資その他の資産」がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

固定資産

流動資産に対峙する概念で、投下された資本(資金)が長期的に拘束されて資金的に他に利用できない資産。あるいは、販売したりせず、長期間にわたる使用目的で保有される資産。固定資産は有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産に分類される。有形固定資産は、具体的な形のあるもので、建物、構築物、機械装置、車両運搬具、工具・器具・備品、土地、など。無形固定資産は具体的な形を持たないもので、営業権、特許権、借地権、商標権、実用新案権、意匠権、漁業権など。投資その他の資産は、他企業の統制や利殖などの目的で長期間保有される投資有価証券関係会社株式、長期貸付金、出資金などからなる。投資及び土地以外の有形・無形の固定資産は時間と共に、あるいは使用により消耗していくので、減価償却によって費用化されていくのが特徴。なお昨今、時価主義の発想から、その評価にあたり減損会計考え方が浸透しつつあり、その是非が議論されている。また無形固定資産のうち、ブランドに代表される知的無形資産は今後価値が増すとみられ、その重要性が注目されている。

(小山明宏 学習院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こてい‐しさん【固定資産】

企業の所有する資産のうち、長期間にわたって使用または利用される資産。建物・機械・土地などの有形固定資産、営業権特許権商標権などの無形固定資産、投資有価証券・出資金・長期貸付金などの投資その他の資産の三つに区分される。→流動資産固定負債

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

固定資産【こていしさん】

長期(通常1年以上)にわたって保有され企業の営業目的のために使用される有形・無形の財産。流動資産に対する会計上の概念。土地・建物・機械等の有形固定資産,特許権・鉱業権等の無形固定資産,関係会社有価証券等の長期投資資産からなる。
→関連項目固定資産税資産耐用年数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

株式公開用語辞典の解説

固定資産

貸借対照表の借方の資産の部のひとつ。企業が長期間使用する資産のことをいう。有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産などをさす。基本的に、固定資産は、その資産が販売目的ではなく、その企業が自ら使用・利用することで、経営成果の獲得に貢献する目的で取得し、保有する資産である。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

固定資産

貸借対照表の借方の資産の部のひとつ。企業が長期にわたって使用する資産のことをいいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

固定資産

1年以上長く会社に留まる(はずの)資産。以下のように分類される。 ・有形固定資産:建物、車両運搬具、備品、土地など。 ・無形固定資産:借地権、特許権、ソフトウェアなど。 ・投資その他の資産:流動資産にならない投資有価証券、長期貸付金など。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こていしさん【固定資産 fixed assets】


[会計学]
 資産の分類上,流動資産に対する概念であって,販売を目的としないで企業がその経営活動のために長期間利用するかあるいは長期間所有する資産をいう。長期・短期の区分は,ふつう1年を基準として判断する。すなわち,貸借対照表日の翌日から起算して1年をこえて利用する設備資産等とか,同じく1年をこえて所有する長期的資金資産等を固定資産という。前者の例として,土地,建物,備品,特許権,鉱業権等があり,後者の例として,定期預金,長期貸付金,関係会社有価証券等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こていしさん【固定資産】

土地・建物・機械・特許権など、同一形態で継続して営業の用に供することを目的とする財産。有形固定資産と無形固定資産に分かれる。 ↔ 流動りゆうどう資産

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定資産
こていしさん
fixed assets

流動資産に対する会計学上の概念で,企業が長期的に使用するため保有する資産,およびワン・イヤー・ルールに従えば,貸借対照表作成日から起算して1年以内には換金しえないもの。 (1) 土地,建物,機械設備,車両,船舶,工具器具,備品などの有形固定資産,(2) 特許権,営業権,地上権などの無形固定資産,(3) 投資有価証券,関係会社有価証券,出資金,長期貸付金などの長期投資,の3種に分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

固定資産
こていしさん
fixed assets

企業が長期にわたり使用または保有する資産のことを企業会計上「固定資産」とよぶ。個人が保有する固定資産とは異なる。貸借対照表の表示上の分類として、流動資産と固定資産の区分があるが、そのおもな違いは、企業が棚卸資産売買目的有価証券等の流動資産のように、加工もしくは直接的な売却を目的とせず、長期にわたり、営業活動における使用や投資目的において収益・利得の獲得を期待して保有するという点である。流動資産と対比される点の一つは長期にわたる保有を前提とする点であるが、流動・固定の分類は営業循環基準1年基準等により行われる
 さらに、固定資産は、有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産(投資等)に分類される。有形固定資産は、実体を有する事業用資産であり、具体的には、建物、備品、機械、土地、建設仮勘定などがある。無形固定資産は、法律上の権利である工業所有権(=産業財産権。特許権、実用新案権、商標権、意匠権)、借地権、専用側線利用権などと、超過収益力の性格を有する「のれん(営業権)」からなる実体としての形を有しない資産である。投資その他の資産(投資等)には、企業が利殖を目的として投資をした長期資金の性格を有する子会社・関連会社株式やその他有価証券、出資金、長期貸付金、長期前払費用などがある。
 固定資産の期末評価に関しては、取得原価による評価を基礎として、取得後保有する会計期間にわたり、減価償却による手続や減損会計による評価手法が適用される。また、経営分析の指標において固定資産を使って分析するおもなものには、財務の安全性をみるための固定比率と固定長期適合率がある。固定比率とは、
  固定比率(%)=固定資産÷株主資本×100
の式で示され、固定資産がどの程度、株主資本でまかなわれているのかをみる。そして、固定長期適合率とは、
  固定長期適合率(%)=固定資産÷(株主資本+固定負債)×100
の式で示され、固定比率よりは少し広く、固定資産がどの程度、固定負債と株主資本でまかなわれているのかをみるものである。[近田典行]
『あずさ監査法人編『固定資産の会計実務』(2009・中央経済社) ▽堀内三郎著『固定資産会計の知識』(日経文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の固定資産の言及

【資産】より

…このような投下過程にある資産は,その性格上,投下額すなわち現金支出額(原価)を基準として評価する。資産を貸借対照表上に示すときには,その流動性の大小から,流動資産固定資産に区別して表示する。流動資産には,現金,および商品や製品,原材料,仕掛品のような棚卸資産のほか,得意先との通常の商取引によって生じた債権(受取手形,売掛金等),さらに,これらの資産以外のもののうち,1年以内に回収されるものが含まれる。…

【流動資産】より

…資産の分類上,固定資産に対する概念であって,現金および通常の営業活動の結果,比較的短期間内に現金に転換されるものと認められる資産をいう。流動資産と固定資産とを区分する基準として,一般に(1)正常営業循環基準normal operating cycle ruleと,(2)1年基準one year rule(ワン・イヤー・ルール)とがあり,一般に認められた企業会計の慣行にしたがえば,両者を併用して判定する。…

※「固定資産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

固定資産の関連キーワード固定負債サイクル冷凍サイクル流動負債サイクルヒットプレサイクル四サイクル機関営業サイクル正常営業循環基準ギフォード‐マクマホンサイクル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固定資産の関連情報