コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本集約的産業 しほんしゅうやくてきさんぎょうcapital intensive industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本集約的産業
しほんしゅうやくてきさんぎょう
capital intensive industry

機械,装置などの設備に多くの資本を投下する性格の産業で鉄鋼石油精製,化学などの重化学工業の多くや電力などの業種がこれに属する。労働の資本装備率の高い産業であり,労働の生産性を向上させるとともに大規模生産を通じて「規模の経済」の利益を実現することが期待されている。資本多使用型産業とも労働力節約型産業とも呼ぶ。労働力集約的産業に対するもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しほんしゅうやくてき‐さんぎょう〔シホンシフヤクテキサンゲフ〕【資本集約的産業】

労働者一人当たりの設備など固定資産額が大きい産業。重化学工業など。→労働集約的産業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほんしゅうやくてきさんぎょう【資本集約的産業】

生産に投入される生産要素のうち資本(工場や設備)の比率が高い産業。資本装備率の高い産業。重化学工業など。 → 労働集約的産業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

資本集約的産業の関連キーワード資本集約型産業